読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン二郎はクセが強い

グルメ

今、巷で話題のラーメン二郎

聞いたことはあるけど、行ったことがない人も多いのではないでしょうか。そんな人のためにラーメン二郎を紹介したいと思います。

二郎は店によりで味が違う

ラーメン二郎は現在40店舗あります。11月30日に大宮店が閉店するため12月からは39店舗になります。全ての店舗で二郎という看板を掲げていますが味は店により異なるのが二郎の特徴です。味が異なると言っても大筋では同じでにんにく醤油のラーメンです。そしてとにかくラーメンの量が多いのが特徴です。各店舗で大ラーメン、小ラーメンが基本のメニューとなっていますが大ラーメンは通常のラーメン店でいう特盛り2杯分、小ラーメンでも特盛り程の量があります。

二郎ではトッピングが無料

ラーメン二郎ではトッピングが無料です。トッピングできるものは野菜(ほとんどモヤシ)、にんにく、アブラ、カラメ(醤油ダレ)です。チャーシューは有料です。ラーメンの量も多いですがトッピングも追加すると更に量は増します。特に野菜を増すと丼の上に山のように野菜が積み上げられます。

トッピングを追加する場合は、店主が『にんにく入れますか?』と聞いてきた時にお願いします。これが二郎の風物詩でもある呪文のようなフレーズです。上記のトッピングを全て増す場合は、『野菜、にんにく、アブラ、カラメで』と言うようになります。更に増したい場合は、各フレーズの後に『増し増し』と付けるだけです。簡単でしょ?

しかし、この店主からの問いかけに敏感に反応しないと店主の逆鱗に触れる可能性がありますのでここだけは細心の注意を払ってください。

二郎あるある

いつも行列、店主が怖い、残すの厳禁、店の前には黒烏龍茶の自販機

店主が不意に食券を見せてと言う、チャーシューではないブタだ

レンゲないんだけど?、途中で完食できるか弱気になる

 ハマるわけないと思っていたけどいつの間には虜になる

店舗ごとのラーメン(全て小ラーメン)

野猿街道店

f:id:takapon760:20161122000218j:image

神保町店

f:id:takapon760:20161122000230j:image

川崎店

f:id:takapon760:20161122000237j:image

小岩店

f:id:takapon760:20161122000250j:image

亀戸店

f:id:takapon760:20161122000303j:image

関内店

f:id:takapon760:20161122000315j:image

大宮店(11月30日で閉店)

f:id:takapon760:20161122000329j:image